派遣会社の担当者に自分の希望に合う職場を提案してもらおう

派遣会社を経由して期間工の仕事に応募をする方法は、専属の担当者からサポートを受けることで、就職後の労働条件のミスマッチを防げるという利点があります。特に、工場勤務の経験が少ない人や、期間工の働き方について詳しく知りたい人は、早めに就職紹介の実績が豊富な派遣会社に登録をして担当者に相談をするのがおすすめです。最近では、工場勤務の未経験者からベテランまで幅広い求職者のフォローに力を入れている派遣会社が増えているため、余裕を持って各社の取り組みや担当者の経歴などを調べてみると良いでしょう。また、職場選びについて悩んでいることがあれば、直接派遣会社の担当者と話し合うだけでなく、オンライン上でSNSやメールを通じて質問をするのも有効です。

期間工の経験が豊富な人は非公開求人に申込めることもある

期間工の経験が豊富な人が派遣会社を頼る場合は、限られた条件に当てはまる人だけが応募できる非公開求人の紹介を受けられることがあります。非公開求人の中には、基本給や各種手当、賞与、満了慰労金など様々な面で魅力があるものもたくさんあるため、妥協することなく派遣会社の担当者と打ち合わせをして求人に申し込みをするのがおすすめです。また、非公開求人の応募条件や、対象者についてはそれぞれの工場の運営会社や登録先の派遣会社の方針によって違いが見られます。そこで、少しでも非公開求人に関心がある人は、求職活動中に実際に長く期間工として働いている人の体験談を参考にしたり、複数の派遣会社の相談窓口を利用したりすることが大事です。

期間従業員の募集は業界によって不定期だったり定期的だったりします。自動車業界などでは3~4月、9~10月に募集することが多いですが、介護業界では年中採用していることもあります。